大阪を歩いていると女装をよく見かけることがあります

SITEMAP

後姿

女装する時に気を付けると良いのは・・・

網タイツ

女装する時は服ばかりに気を取られてしまって、他の部分を見落としがちです。そういった見落としがちな細かい部分に気を付けるだけで、女装のクオリティーはだいぶ上がるんです。
例えば、おでこです。男性と女性の違いで大きいのは、顔だと実はおでこが一番なんです。目とか唇などはメイクで女性に近づけることができますが、おでこはそうもいきません。ですので、おでこを隠す髪型にすることが女装時には良いです。また、女性はおでこが出ているのが普通ですので、整髪料なんかで前髪にボリュームをもたせるとより女性らしくなります。
それから脚の形です。女性は基本骨盤が大きくなっていますので、左右の太ももの付け根が離れています。ですので、O脚、またはX脚のような感じになっています。一方男性は骨盤が狭いので脚は真直ぐ下に伸びる感じですね。なので、立ち姿が男女では全く違います。その辺を意識して立つと、女性ものの服を着た時にある変な違和感が無くなります。
また、膝の形も男女でだいぶ違いますので、ストッキングを穿く時はなるべく膝の形が分からない厚手のものを選ぶと良いです。膝の形が分からなくなるだけでもグッと女性らしくなりますので、なるべく膝の形が分からないようにいろいろとこだわってみて下さい。